カウンター

*つぶやき*

フォローなどお気軽にどうぞ♪

プロフィール

霞京

Author:霞京
ゾロサン大好き、サンジ君に(大分ヨコシマに)愛v
ワンピースに出会えて、本当に良かった!

主にワンピ中心ブログ、他たまーに
ゲームの事も語ったりする・・かも。
(テイルズ好きv)

ただ今、うっかりタイバニにハマり中。
・・・悔しい←


***好きなモノ、コト***

*ワンピ*
 サンジ(ゾロサンLOVE!)
ゾロサン暦は10年目位でしょうか。
なんかもう、生活の一部。

*タイバニ*
おじさんラブ。なので、
多分兎虎←
9話過ぎたあたりから、
やっぱ兎虎かな!!と思ってしまった。

*テイルズ*
全タイトルの、主に初期や、初期のリメイクはだいたいプレイしてると思います。その中でのお気に入り↓
TOD *リオン、シャルティエ
TOA *野郎キャラ全般(特にルークとアッシュ/笑)

*趣味*
最近の趣味はもっぱらワンピのグッズ関連や
アミューズメントフィギュアの収集。
なので、ゲーセン巡りも最近の趣味←
出来の良いフィギュアや、PANSONグッズに
踊らされる日々。

そろそろ部屋に、フィギュアの置き場所が無くなりそう・・・。

デジタル一眼を買ったので
風景、人物、ナナちゃん、フィギュア等(笑)頑張っていい写真撮りたい!


*食べ物*
肉食系です(どーん)がっつり焼肉とか、トンカツとか、チキン南蛮とかモリモリ食べます。
パスタも大好物。トマトクリームソース、ホワイトクリームソースLOVE。
あとは甘いモノ全般。焼き菓子、チョコ、タルト、ミルクレープ、タピオカ(・・甘?もちもち食感LOVE)大好物。



そんな感じで、よろしくお願いいたしますv

メールフォーム

お気軽にどうぞv

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

* Moon † boat *
ワンピ(ゾロサン・サンジ愛)、タイバニ(兎虎・虎徹愛)成人済み腐女子ブログ。ジャンプ、アニワン、タイバニ感想、イベントレポ、集めたグッズの画像など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バニーちゃん誕生日SS+α
banitan1.jpg
というわけで、ハッピーバースデーバニーちゃん!
手近にあるバニー的なものを寄せ集めてみようと思いますw
ここに見えるバニー的なものは、全部バニーなハズです。

昔アニメ雑誌に、その作品に携わってるアニメーターによる「キャラの描き方講座」みたいなページあったよね。…バニーの髪型のコツを知りたいw

追記にはゆるーく兎虎なバニ誕SS。

元ネタは昨日行ったコスイベで、実際にあったワンシーンから
色々妄想膨らんでしまって
イベント帰りの電車でざくっと書きましたw

「実際にあったワンシーン」は、追記の一番最後に^^
いやぁ、昨日はずっと雨でしたけど、面白かった!
banitan2.jpg
背の高さも足りないしハンサム度もアレで申し訳ないですが・・・。
多分、プリクラのデカ目効果によりこれはマシな方ではないかと・・・↑
虎徹さん可愛いから許して下さいw

虎徹さんかわ(ry
おちち、加工ありがとう^^
banitan3.jpg
なんか自分目ェ死んでるだろ、いや、元からか・・・w

banitan4.jpg
虎「トリック オア トリート!」
兎「貴方の悪戯が欲しいです」←


虎徹さんかわいい(バニ誕を祝えw)
今日と明日は何もなければ、ひとときの休息の日。
今晩は虎徹さんの家にお邪魔する事になっていて、
二人で買い出しをした帰り道の事だった。

「なぁ、あそこ何か賑わってねェか?ちょっと覗いてこうぜ!」
「あの公園ですか?・・・『ハロウィンパーティ開催中』って看板がありますね。
明日がハロウィンですから・・・って、ちょっと、虎徹さん!?」

言い終わる前に、虎徹さんは人混みへ飛び込んで行き
ひとつため息を付くと仕方なく、僕も後を追いかけた。

公園の入り口からそう離れてはいない場所で、虎徹さんとはすぐに再会した。
手にはすでに何か買い物をしたらしく、ハロウィンのイラストが描かれたオレンジの袋を持っている。

「また何か買ったんですか?これ以上荷物増やさないで下さいよ?」
すでに虎徹さんと僕でそれぞれ1つずつ、大きな荷物を抱えている。
主に「大きな荷物」の原因になっているのは酒の類だった。
「悪ィ悪ィ!今日よ、ここでハロウィンのアレする集まりやってんだな」
「コスプレ?」
「そう、それ!」

以前の僕だったら、
『知ってますよ、入り口の看板に書いてありましたし、
周りを見れば分かります。』
位の嫌味は言っていたと思う。勝手に飛び出した罰として。

けれど今は、苦笑いをしておくだけに留めておく。

公園の至る所に、魔女や悪魔の恰好をした子供たちがいる。
それに混じって、ハロウィンとは全く関係ないコスプレをした大人達も
このイベントに乗じて楽しんでいるようだ。
コスプレをした大人も、そうじゃない大人も、
お菓子を入れたジャックランタンを模した入れ物を持ち歩いている。
子どもたちに「トリック オア トリート!」と言われると、
その度にその入れ物からお菓子を差し出していた。

「っつーわけで、バニ~♪」
ニカっと笑って嬉しそうに『手ェ出せ』と言われて、思わず反射的に手を差し出した。
虎徹さんがさきほど買ったらしい物が入った袋に手を突っ込み、
僕の掌に乗せられたのは、青い包に入ったチョコレートと、ピンク色のキャンディ。

「あの…」
「『僕は子どもじゃありません』なんてのはナシだからな、
せっかく買ったんだからありがたーく貰っとけ!」
「はァ」
「仮にもハロウィン生まれだろ、お前?楽しんどけよ~」

言葉尻に、ぽんと背中を叩かれる。
「そうですね…、ありがとうございます」

「しょうがないな」というポーズを作りつつも、
こんな小さなお菓子を貰った位で、実は喜んでいる自分もどうかしている。
悔しいので気づかれない位小さく、口許だけで微笑んだ。

(お菓子を貰えなかった場合はイタズラ出来るんだったな。
イタズラする側でも楽しめそうだけど。)


虎徹さんからのイタズラ、も興味あるけどな。


と一瞬よぎった考えは、
とりあえず虎徹さんの家に帰ってから伝えようと思う。


もう少し見て回りたいという虎徹さんに付き合って、
大いに賑わっている公園内を歩く。
途中、何人かの子供たちに声を掛けられ、
その度に虎徹さんは嬉しそうに袋から出したお菓子を手渡していた。
こういうイベント、好きなんだろうな。

暫く歩くと、一帯がフードコートになっているらしく
ハロウィンの恰好をした店員が、
ジャンクフードを売っている場所に辿り着いた。
「そういや昼飯まだだったよな。この辺のヤツでいいか?」
「別に構いませんよ」
「了解。んじゃお前はえーと、あっちの建物の傍で待ってろ。
お前にゃ、どれが美味いなんて分かんねェだろ?」
「そうですね、お任せします」

ジャンクフードは、虎徹さんと居る時にしか食べた事がない。
そういった食べ物に慣れていないのは事実なので、
虎徹さんに任せる事にしたはいいが…。
何のメニューを買ってくるのかは、目に見えているのが悲しい所だ。

虎徹さんに「あっちの建物」と指定された場所までいくと、
建物の壁に寄りかかって、今日買い出した荷物を地面にどさりと置いた。
腕を組んで、地面を見つめる。
時折「あれって、バーナビー?」という声が聞こえたが、
今日は聞こえないふりをして、そのまま目を伏せた。

そうして10分位経っただろうか。
小さな足音が2つ、こちらに近づいてくるのが聞こえた。
自分の傍でその足音がピタリと止んだのが分かってしまったので、
思わず目を開ける。

黒くて丸い眼鏡を掛けた、僕の腰位の身長の男の子と、
その子よりもっと小さい、髪を一つに結んだ女の子。
例によって、ハロウィンの仮装をした2人の子どもが、
じっと僕の事を見上げていた。

「「トリック オア トリート!」」

「うっ…」

明らかに手ぶらの僕にどうして、と思ったが、
女の子の方が、じっと僕の足元にある荷物を見つめていた。
主にお酒しか入っていないその袋は、たまたまオレンジ色の袋で
なるほど、この公園に持ってくるには紛らわしい色をしていた。

2人の子供たちが、じっと固まって動かない僕を不思議そうに見上げてくる。
恐らくこの公園に居る大人であれば、
すぐにお菓子を子どもに差し出すからだろう。

「えー・・、と。」
ふと、ポケットに押し込まれたチョコレートとキャンディの事を思い出した。
先程、虎徹さんから貰ったお菓子。丁度二つ。

(でも、コレは…)

ポケットに入れかけた手を止めてしまうと、
また一つ足音が近づいて来た。
よく知った、軽快な。

「おっ、どうしたバニー?」

戻ってきた虎徹さんの手には、ホットドッグが1つと、ハンバーガーが1つ。
本当に、期待を裏切らない人だ。

「丁度いいところに。虎徹さん、お菓子まだ持ってます?」
この子達に、と僕が視線を子どもたちに向けると、「あぁ!」とすぐに分かったように
ホットドッグとハンバーガーを僕に渡して、
自分のポケットに突っ込んだ袋から、お菓子を子どもたちに差し出した。

子どもたちはパっと笑顔になると
「ありがと、おじちゃん!」
「ありがとう。おじちゃん。」

「おじっ・・・!」

隣の僕は思わず小さく吹きだしてから、
「よかったね」と手を振って去っていく子供たちに、笑顔を返す。
隣の虎徹さんは、「オレまだ若ェぞ~~」と離れていく子供たちには聞こえない小さな声で言いながら、
手を振り返した。

「喜んで貰えて良かったじゃないですか、おじさん?」
「っだ!ンな事言うと、それやんねェぞ!」

僕が持ったハンバーガーとホットドッグを、ひったくる様にして奪う。
「別に構いませんけど…。じゃぁ今日買ったお酒、僕一人で飲んでしまいますが」
「えっ!」

二人で飲むために買ったものだから、そんなつもりは毛頭無かったが。
子どものような言い草に、思わず口が先に動く。

「しょうがねェ。お前さんには、オレが特別に選んだ
このハンバーガーをやろう。ここのしょっちゅう食うんだけど、美味ェぞ?」
「はいはい、ではありがたく頂きます」
「全然有難がってねェだろお前!」
「とりあえず落ち着いて食べたいんで、あっちのベンチ行きませんか?」
「人の話聞け!」


ベンチに座った虎徹さんは、早速ホットドッグにかぶり付く。
ホットドッグを銜えたままの虎徹さんが、もごもごと何か言いだした。
・・・別に、何も想像してませんよ。何も。
「そぉひや、なんれおまへ」
「飲み込んでから喋って下さい」
呆れ顔で次の言葉を待っていると、ごくん、と相手の喉仏が動く。
「そういや、なんでお前お菓子やらなかったんだ。持ってただろ?
オレがやったヤツ。」
「・・・あれは、僕が貴方から貰ったものですから。僕の物です」
「なんだそりゃ、おっとなげねーの!
別にあれやたって、オレが新しいのお前にやったのに」
けらけら笑う虎徹さんの口元に、ケチャップが付いている。
大人げないのはどっちだ。

それをピッと親指でなぞって自分で舐めとると、
ぴしっと表情の固まった虎徹さんがこちらを見た。

「僕のものですから」

にっこりと微笑みで返してやる。



今夜は虎徹さんが、僕の誕生日を祝ってくれるそうだ。

今年の欲しいプレゼント、聞いてくれますか?
ダイヤやポイントじゃないですよ、言っておきますが。


欲しいプレゼントは勿論・・・

分かってますよね、虎徹さん?


トリック オア トリート


お菓子より甘い貴方を下さい。














********************************







てわけで、昨日コスイベに行ってきたのですよ、某遊園地にw

やっぱりハロウィン前日ってこともあって、
元からあるアニメやゲームの、オリジナルハロウィンバージョンのコスプレの方多かったですね!

沢山のレイヤーさんが、ジャックランタンの入れ物に
お菓子入れて持ち歩いてました。
恐らく、レイヤーさん同士で交換する為に持ってきたと思われますが、
どうやら「なんか変わった格好した人達に話しかけると、お菓子を貰える」と
インプットされてしまったらしい、一般のお客さんのお子さん達も
至る所で結構レイヤーさんに「トリック オア トリート!」って
話しかけてました(笑)

ちなみに私は、お菓子の準備なんて何もしてなかったですwww

一緒に行ったおちちこと黒羽さんは、
ちゃんとお菓子用意して、知り合いのレイヤーさん達に渡してました!

そんな中、おちちが煙草休憩中に、
私が壁に寄りかかって突っ立っていたら、
とととっ、と小さい男の子と女の子が2人近づいてきて、私を見上げました。
ん?と思ったら
「トリック オア トリート!」

って、えぇぇええ∑

なんで明らかに手ぶらの私に!?∑

てか、リアルにトリックオアトリートとか、初めて言われたし!

と思ったんですが、自分の足元に置いていた袋が、
一部の方にはおなじみ、MAP.LEのオレンジの袋でして・・・・(笑)
あー、これにお菓子入ってると思われたのかなもしかして?
でも持ってないんだけど、どうしよ!
と、すぐ近くにいたおちちに「ごめん、まだお菓子持ってる?この子らに・・・」
というわけで、ちゃんとおちちが、子どもたちにお菓子あげてくれました。
ありがとう!そしてありがとう!(笑)

自分のバッグの中にも、
他のレイヤーさんや、おちちから頂いたお菓子が入っていたのですが、

それを子どもにあげるという考えは思いつかなかったダメな大人www


まぁ、なんだかんだで素敵な一日でした!
こうしてSS書けるネタも貰えたし!!(笑)

最後にもいっかい、ハッピーバースデー バニ~!
スポンサーサイト
■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。