カウンター

*つぶやき*

フォローなどお気軽にどうぞ♪

プロフィール

霞京

Author:霞京
ゾロサン大好き、サンジ君に(大分ヨコシマに)愛v
ワンピースに出会えて、本当に良かった!

主にワンピ中心ブログ、他たまーに
ゲームの事も語ったりする・・かも。
(テイルズ好きv)

ただ今、うっかりタイバニにハマり中。
・・・悔しい←


***好きなモノ、コト***

*ワンピ*
 サンジ(ゾロサンLOVE!)
ゾロサン暦は10年目位でしょうか。
なんかもう、生活の一部。

*タイバニ*
おじさんラブ。なので、
多分兎虎←
9話過ぎたあたりから、
やっぱ兎虎かな!!と思ってしまった。

*テイルズ*
全タイトルの、主に初期や、初期のリメイクはだいたいプレイしてると思います。その中でのお気に入り↓
TOD *リオン、シャルティエ
TOA *野郎キャラ全般(特にルークとアッシュ/笑)

*趣味*
最近の趣味はもっぱらワンピのグッズ関連や
アミューズメントフィギュアの収集。
なので、ゲーセン巡りも最近の趣味←
出来の良いフィギュアや、PANSONグッズに
踊らされる日々。

そろそろ部屋に、フィギュアの置き場所が無くなりそう・・・。

デジタル一眼を買ったので
風景、人物、ナナちゃん、フィギュア等(笑)頑張っていい写真撮りたい!


*食べ物*
肉食系です(どーん)がっつり焼肉とか、トンカツとか、チキン南蛮とかモリモリ食べます。
パスタも大好物。トマトクリームソース、ホワイトクリームソースLOVE。
あとは甘いモノ全般。焼き菓子、チョコ、タルト、ミルクレープ、タピオカ(・・甘?もちもち食感LOVE)大好物。



そんな感じで、よろしくお願いいたしますv

メールフォーム

お気軽にどうぞv

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

* Moon † boat *
ワンピ(ゾロサン・サンジ愛)、タイバニ(兎虎・虎徹愛)成人済み腐女子ブログ。ジャンプ、アニワン、タイバニ感想、イベントレポ、集めたグッズの画像など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWITCH
ほんとにワンピネタ記事ばっかり(笑)

なんか知らんけど、父がいつの間にか知り合いに頼んで、PCのメモリー増加させてた。
(PCのメモリーをほぼ使いまくってるのは、自分の大量のデジカメ画像のせいだってのは
内緒だぜ★)

けど、やるんならやるって言ってよ;
なんにもバックアップとってねーよ!
今かなり久々にPCから更新してますが、今んとこは異常は無い・・・かな・・・、いや、
一部クッキーが消えてる・・、気も・・・・(笑)
それに、PCの時間が・・・、10時間ばかり遅れてるんだけど・・・・(笑)

というわけで、かなり動きが早くなったPCから久々更新!
PCからだと、
ツっこみどころが太字に出来たりして楽しい。
携帯でも、恐らくタグを打てば大丈夫なんだけど、そこまでは出来ない・・・・(笑)


ミス/チルとオダッチが対談してる雑誌、
途中まで立ち読みしてたけど、腰痛くなってきて結局買ってきた(笑)

ある意味大人買い。


しかしオダッチのロングインタビューが中途半端過ぎて、
「乱丁?」って思わずページ数確認してしまったけど(笑)
あれは見開き1ページで間違いないんだよなぁ・・・?


この雑誌探してる途中、芸人とルフィが表紙飾ってる雑誌も発見して見てみました。

芸人さん4人が、ワンピについて語ってんだけど
結構楽しかったですo(^-^)o

あ、じゃあこれの感想も追記で(笑)



そういや、金曜ご飯食べた後帰ってテレビつけたら、ラピュタがあってて(録画した/笑)
シータとパズーが、丁度ラピュタへ辿り着いたところでした。

時計見て「ん?」と思ったんですが、
ラピュタがある時間は23:30まで。
けど、2人がラピュタへ辿り付いた時の時間は22:50頃。

「え、たった40分間で、ラピュタに辿り着いてからラストまでいっちゃうんだ!?」って
かなりびっくりしました。
まぁ当たり前ですが、ちゃんとその後40分間で終わったんですが(笑)

ラピュタは大好きで、いつも最初から最後まで通してみるから気付かなかったけど、
ラピュタ到着してからの話って、たっぷり1時間位はあるのかと思ってた。

人がゴミのようだ、フハハハハハ・・・・・!!!


ではネタバレって程もないですが、雑誌の感動追記に(笑)

これから読む予定の方は、スルーして下さいね。

あと、私の拙い文章では、オダッチの伝えようとしてることを
まったく逆の意味に捉えてお伝えしてしまったり、誤解しかねない形でこのブログに書いてしまってるかもしれませんので(笑)
良ければ実際のインタビューも読んで、ご自身でなにかを感じてみて下さいませ。

ま、私の感想なんて大したモン語っちゃいないんですが・・・・。感想っていうか、このインタビュー読んでからの独り言みたいな・・・


立ち読みするには、ちょっと腰痛くなるから注意が必要です←
まず芸人さんの対談のほう。

一人が、
「サンジはきっと、修業してるシーンとかないけど実は凄く強いんだと思う」と語ってくれてました。

ちょっとその人のことが好きになりそうでした←


「ほんとにファンなんだなー」って感心したのが、
「サブタイトル」について語ってたとき。

これは有名な話なのかな?私は気づかなかった;


一味が仲間に入るときの話は、
ナミで「2人目」サンジは「4人目」とかのサブタイトルになるんだけども、
ウソップが仲間になった回だけ「3人目」ってのじゃなく、
次にサンジが仲間になったとき「4人目」でウソップ飛ばされたから、
不思議に思ったそう。


で、数年経ったあとに、フランキーとウソップが仲間になった回で
「3人目と7人目」


わ~。

ウソップが仲間になる当初から、「一度一味を抜ける」って設定はあったんだねきっと。
あの大喧嘩を経て、ウソップが「ほんとの仲間」として戻ってきたんだね。


ってことは、ロビンはいつ「○人目」ってサブタイトル付けられたのかな?
エニエスロビー奪還後?

気になってきた♪


あと、SWI/TCHね。



うへ、なんかオダッチがスタイリッシュに写ってる。
うへへへ←

当たり前だけど、どんなにサラサラっと数十秒で描かれた落書きだって、
ルフィはちゃんとルフィなんだろうなぁ・・・・。

最初は、世間の人達の言う「感動映画は、泣けないと良い映画じゃない。感動できない」
ってのに同調して、それに合わせた「泣けて感動できる話」を書こうとしたらしいオダッチ。
でも「感動話を書こうとして、漫画を描いたことは一度もない」っていう自分のポリシーに反する
行為が納得できなくなって、ほぼ出来上がりかけたプロットを破棄してもらったんだって。
だから、公開が大分長引いてしまったそう。

すごい心に残ったのが、
「人が死ねば、それを感動と呼ぶ」って風潮がありますよね、って。

分かるー・・・、特にRPGゲームとかさ、
「誰か死ねば感動できるワケじゃねーんだよ」って凄く思うわ(笑)

オダッチが好きな映画の中には、思えば「感動映画」は無いなぁ、って。
そういや私も、感動ものってあんまり見ない。
涙腺がかーーーなり緩いのもあって(笑)
セカチューとか、余命1ヶ月の・・、とか、どんなに感動出来る!って世間が評価しようと、
見に行ったことない・・・。
勿論、その映画から学ぶ「命の尊さ」「生きることの素晴らしさ」も大切とは思う。

今思えば、私が一番好きな映画って「ラピュタ」なのかもしんないと思った(笑)
今まで何回見たかなぁ・・。
映画自体、よっぽど興味ないと行かない人種なのですが、
私の好きな映画の中にも、「感動もの」ってないなそういえば。

「パイレーツ」の1とか、「ザ・マジックアワー」とか、「ウォーターボーイズ」とか、
元気が貰えたりするヤツが好きだなぁ。

なんか話逸れましたが(笑)

オダッチって、いつのまにお子さんが!?

「自分は少年漫画家だから、子供にリサーチとかしてみたいけど、娘だからリサーチ出来ない。
娘が好きなのはやっぱり少女モノだから、
娘のために、プリキュアを買ってあげるくやしさとか、
プリキュアが描けるようになってる自分が悔しかったりする(笑)」
ってのに笑いました(笑)


あと、オダッチの単独インタビューの方。

「強いもの同士(動物とかも)が戦ってる姿は、少年心の血が騒ぐ」
か。
・・・ポケ/モンとかも、それでヒットしてんのかな?(笑)
あー、でもDBとかもこれか。

映画の動物たちは、オダッチが図鑑を見ながら
実際にいる動物達を「この動物が進化するとしたら、どこがどうなって強くなるだろう」と
思いながら、全て自身がデザインしたそう。
ほんとに、その労力すごいです。
そりゃ、じゃんぷに穴もボコボコ空くハズです。
編集長に、「そろそろ映画からは手を引かないか」と言われるハズです(笑)
それでも、オダッチが拘って作ってくれた映画。
ほんとに凄かったんだよぉぉ・・・・・。

たとえ世間のリクエストが「感動もの」であったとしても、それは大人たちの意見。
自分は少年漫画家だから、少年たちが喜ぶ「興奮」というテーマで!
でも、それで大正解だったんだろうな。

「感動もの」を作ったところで、少年たちが望む、ルフィ達がかっこよく戦うシーンとか、
あんまり盛り込まれないだろうしね、オダッチの言うように。
私も、泣くのは本編で十分だな、と思いつつもやっぱり
試写会ではちょっと泣かされて、ちくしょーオダッチいい仕事してますねーと思います←


「オダッチ言っちゃった!」と思ったのが、
「少年は、わざわざ手紙出したり、労力をかけて「楽しかったです!」と伝えてくれる
ことは少ない。
なので、女の子から意見を貰うことが多いんだけど、漫画界を見渡してみると
『この人、女子の意見に流されてないか?』っていう人が沢山いると思う」って。


(笑)


今後も、オダッチは女子の黄色い声には揺り動かされず、
少年漫画家のポリシーを貫き通してください。
うん、でもオダッチがその魂を持ってくれてるからこそ、
「これって腐女子狙いじゃね?」ってちょっと冷めた目で見てしまうことも
ほとんど無いです(ほとんど??(笑))


(ってことは、女子が望む「ゾロとサンジの2ショカラーが見たいv」とか、
「ゾロはいつサンジを「サンジ」と呼ぶの?」みたいな意見も、
今後もスルーですかゴッドォーー!!!!(笑))










スポンサーサイト
■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。